« 2015年12月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月に作成された記事

2016年6月23日 (木曜日)

Easterntimes Techのキーボード「ET I-500」

510r6m4uzzl


Easterntimes Techのキーボード「ET I-500」

新品で3千円台前半で購入出来るメカニカルキーボードを購入してみました。
Amazonで販売されている中華キーボードで、テンキーレスの87キー仕様の英字キーボードです。送料込みで3.3千円程度で購入しました。

こちらでも紹介されてます。
3,000円台で販売されている中華メカニカルキーボード『ET I-500』
http://watchmono.com/blog-entry-6327.html

Amazonのカスタマーレビューでも評判が良さそうなので楽しみです。
到着したら追記報告します。


 到着しました。早速使い始めていますが、なかなか快適です。キーは節度あるタッチで好感が持てます。キー音は結構喧しいです (^^; キーボードはAXキーボード仕様にキーアサインを変更しました。このソフトを使っています。右Altキーで日本語切り替えが出来るので便利で す。
http://aoyama.posttips.net/keyboard/

Et_i500a


その他気が付いた点としては…
• 筐体が結構しっかりしています。上面は金属製です。重量も結構あってズッシリしています。
• キースイッチが露出している構造で、ゴミが溜まっても掃除はし易そうです。
• 10キーレスの分コンパクトですが、キーの間隔は普通です。
• キーの配置はベーシックで、特殊なところは無く、好感が持てます。

Et_i500c


 という事で結構気に入りました。2千円以下でプラスチックのペナペナのキーボード買う位なら、3千円でこれが変えるのは超ハイCPです!

« 2015年12月 | トップページ | 2016年7月 »